電場を使って癌を治療する
癌の治療で最もよく知られた方法と言えば、手術、化学療法、放射線療法ですが、 TEDMEDで、ビル·ドイルが腫瘍治療電場(TTF)と呼ばれる電場を使用して癌細胞の分裂を抑制する新しい治療手段を紹介します。開発はまだ初期段階で、特定の種類の癌の治療にしか承認されていませんが、この治療法にはQOLを損なわないという大きな利点...
『ビル・ドイル:電場を使って癌を治療する癌の治療で最もよく知られた方法と言えば、手術、化学療法、放射線療法ですが、TEDMEDで、ビル・ドイルが瘍治療電場(TTF)と呼ばれる電場を使用して癌細胞の分裂を遮る新しい治療手段を紹介します。開発はまだ初期段階で、特定の種類の癌の治療にしか承認されていませんが、この治療法にはQOLを損なわない大きな利点があります。』
https://www.amara.org/es/videos/lyA2j68iv1Dg/ja/239601/
『ビル・ドイル:電場を使って癌を治療する

「これはイスラエル工科大学の名誉教授ヨーラム・パルティ博士によって発明された治療法で、低強度の電場を使用して癌と闘います。」

「私が固く信じているのは、今後10年間でTTFは、最も治療が困難な固形腫瘍のすべてに対する武器として、医師と患者が利用できるものになるだろうということです。」』

電場を使ってガンを治療する。
腫瘍電場療法(TTF)です。
ライフ博士やAWG治療器の松浦博士が、昔からやっているガンの治療法です。
副作用もなくガンを改善させていきます。
ガンビジネスの本質は、抗がん剤などでガン患者を大量に虐殺して、ガンを恐怖の難病・死病とカン違いさせる事にあります。
ガンになると死ぬ!と信じ込むから、人々はガン治療に莫大なカネを払うのです。

SafeFrame Container
ガン患者の酸化した身体に大量の電子を与え続ければガンが治る!という真実が解ってしまえば、誰も高価で地獄の苦しみを味わう抗がん剤などを使わなくなります。ガン患者を殺し続ける事で成り立ってきたガンビジネスが崩壊します。日本の医者は、それが何よりも嫌な集団なので、日本では受け入れられにくいでしょう。

医学界では、酸化したガン患者に電子を与えて還元する!という表現はタブーです。
だから今回も、電場を作り出してガン細胞の分裂を阻止する!という表現になっています。
医学界という所では、ガンや慢性病の本質に迫るような表現がタブー視されています。
患者や患者予備軍が病気の本質を知ってしまうと、勝手に予防したり治療してしまうからです。
医学界では、素人が勝手に病気を予防したり治療したりすることを何よりも嫌います。
これからも病気ビジネスで儲け続けなければならないので、ガンの本質はブラックボックスでなければならないのです。
それでもこれだけ電子・電流・電場・電磁気・テラヘルツ波・水素・プラズマなどでガンが治る!という事実を見せつけられると、ガンの本質に気付く人も増加するのでは、と思います。

ガンはやるべき事をやれば、治る病気です。
正規のガン治療は、ガンをむしろ悪化させる目的で行われています。
ガン患者をイジメ抜き、衰弱させて殺しています。
酸化を促進させる方法ばかり採用しています。
酸化を還元させる方向性の治療をやれば、ガンは治る!
でもそれを認めたがらない人も、現実に多いのです。
それが製薬会社の人間や医者ばかりではありません。
治療院を経営している人たちも、認めたがりません。
そして一般人も、ガン患者やその家族も認めたがりません。
ガンは絶対的な難病の王者でなくてはならない!
そのように考える日本人が、異常に多いのです。
祖父母の代からガンは難病・死病!と教え込まれているので、今更ガンが治る病気!とは認めたがらないようなのです。
ガンに対する畏怖のようなものを感じます。
日本人に根強い“ガン呪縛”を解くのは相当に難しいのではないか、と思います。

Comments

Copied title and URL